豊富な経験と実績のある社労士をお探しなら

社会保険労務士 田中靖啓事務所

〒226-0005 横浜市緑区竹山3-2-2 3212-1227

受付時間:9:00~20:00(休日も受付可)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

045-530-2017

就業規則・人事制度の制定ならおかませください

労働時間・休日、未払い賃金に関するトラブルが増えています

 今、多くの職場で未払い残業代請求をはじめ、解雇、雇止め、セクハラ、パワハラなどの問題が多発しています。また、パートタイマー、アルバイトをはじめ、契約社員、派遣社員など雇用形態の多様化に伴う雇用管理上のトラブルも急増しています。

 これらの労働トラブル急増の要因としては長引く不況の影響で企業が極めて厳しい経営環境に置かれていることも一つの要因となっています。

 労働トラブルは、働く人にとっても経営者の方にとっても大きなストレスとなり、職場の生産性の低下を引き起こし事業経営に大きなダメージとなります。

 また、労働トラブル発生の要因は、企業を取り巻く経済環境だけではなく、会社が労働基準法等の労働関係法令の運用を誤っていた、一方、労働者は会社の考え方を誤解していたことが要因となっていたということが多くみられます。

 このようなトラブルの大半は就業規則をはじめとする労務関連諸規定を整備し、社員の理解を深めることによって未然に防止することが可能です。

 企業の環境整備を行うことにより無用なトラブルを防止することは社会保険労務士に課せられた使命と考えております。

労働トラブルは社内規定を整備して未然に防止

 労働関係のトラブルが発生したとき、ことの大小は別にして、就業規則の重要性を痛感します。現実に発生した問題は、就業規則では想定していないことばかりで、いまある就業規則をあてはめるには、おおざっぱ過ぎて無理があると思われるのが大半です。

 労働基準監督署の立入調査でも、監督官の第一声が就業規則を見せてくださいから始まるからです。

 労働省のひな形就業規則や親会社の就業規則の丸写し、ネットから引用しただけのもの、などなどでは個別具体的な問題に対応することはほとんど不可能です。

 当事務所では、就業規則の作成を依頼された場合、個々の企業の業態、慣行、労使関係、そして会社のよってきた歴史などを十分に斟酌し、個別的柔軟な対応をすることをこころがけています。

 長年の会社の実務経験をいかし、個々の会社に適応するベストな提案を通じて、強固な企業基盤の確立と社員の福利厚生実現に誠心誠意取り組みます。

 お気軽にご相談ください。

 

人事雇用管理は就業規則がスタートです

労働トラブルの大半は就業規則をはじめとする、社内規程を整備することで未然防止が可能です 
 

横浜の社労士 田中靖啓事務所

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-530-2017

受付時間:9:00~20:00(休日も受付可)

お見積りは無料です。お問合せから3営業日以内にお見積り結果をご連絡いたします。まずはお電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

045-530-2017

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

特定社会保険労務士・田中靖啓
資格
  • 1993年 社会保険労務士資格取得
  • 2007年 特定社会保険労務士資格取得
  • 2005年 行政書士資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。